元工場長のすこやか日記

皆様いかがお過ごしでしょうか?最近、なぜか変な人が集まります。

幸せ者

シーフドーショーも無事に終わり、梅雨も開け、本格的に猛暑に入った今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?元工場長です。

 

7月21日から23日に東京ビックサイトでジャパン・インターナショナルシーフードショーが行われました。
出展の目的は新規顧客の開拓は当然の事ですが、より自分達の製品を良くするために、現場のパートも順番に展示会に出させて、直接お客様の声に触れる様にさせています。

一人でも多くのお客様の期待に応えられるよう、初心を忘れず、社員一丸となって取り組んで行きたいと思います。

 

厳しい意見、嬉しい意見たくさん頂きました。

ご来店の皆様、本当にありがとうございました。

今日、地元の小学校の体育館を借りて、4チーム対抗の社内ソフトバレー大会がありました。弊社工場周辺は巷でよく言われる「過疎地」です。そのためか、地元内での交流は非常に密でそういった集まりは盛んに行われています。

練習直前、私は準備体操もせずタバコを吸いながら海を眺めていました。
当然優勝する気満々で、練習を始めました。

 

初戦 開始。

私に絶好のトスが上がったのでバシッ!とアタック!

着地した瞬間 「グニュ!」

普段病院嫌いの私も今回は尋常ではないとすぐに分かったので、病院に行く事にしました。周りに気付かれない様に痛みを堪え、嫁からこっそりお金をもらい、できるだけ周りに悟られない様にこっそりと病院に行きました。

 

案の定、じん帯損傷。

治療を終えて、ソフトバレー大会の打ち上げにはギリギリ間に合いました。
たくさんの人からあたたかいお言葉頂きました。

 

嫁:「注意散漫。」

加工一課主任:「試合、全く出てないっすね♪」

開発課長I:「ある意味、差別的。」

専務:「はじめて生命保険が使えるね♪」

社長:「命に支障が無いのであれば、どうでもよい。」

 

厳しい意見、嬉しい意見たくさん頂きました。

ご出席の皆様、本当にありがとうございました。

現場内で、次はフットサル大会をするという意見がございますが、完治したら、もう一回ソフトバレー大会してもらえるとうれしいです。

復帰戦ということで。(デビューしてないけど。)