元工場長のすこやか日記

皆様いかがお過ごしでしょうか?最近、なぜか変な人が集まります。

目的と方法

シーフードショーを来週に向けばたばたしながらもちゃっかり、ブログを書いている今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?元工場長です。

ひさしぶりに著書の紹介です。

弊社開発課長は3年前くらいから読書が習慣化し、1週間で5冊程度読む程になりました。最近では、常に2冊は持ち歩きながら生活してます。

その開発課長から一冊紹介されました。

 

  

「心がスーッとなるブッダの言葉(アルボムッレ・スマナサーラ)」を片手に「ブッダが言ってた!人は「欲しい」と「必要」を区別しなければいけないって!!

たしかにブッダは、人間の欲にはきりがなく、本当は限界があるのに、果てしなく拡大するものです。人間はみな、欲の病人です。ですから、「欲しい」を「必要」に切り替えて、リミットのある生活をつづけてみる。そうすると、あなたが思っている以上に、満足感が得られたり、精神的にも充実したりして、もっと楽しく生きられる様になると言っています。

 

開発課長はかっこいい事を言っている様に見えます。

なぜ、開発課長は急にこんな事を言ってきたのでしょうか?

それは私たちの生活背景を観察すると容易に推測できます。
私が住んでいる宇和島は、魚とみかんが豊富にある一方、女性はウィンドーショッピングができないという町です。
ですから、男性は片道2時間かけて松山までエスコートしなければなりません。

つまり、開発課長は松山に行かないようにする方法を、ブッダの中から探そうとしたのです。それを問いつめるとあっさり認めました。

 

開発課長:「ブログに載せるなよっ!助け合いだろ!

私:「了解。」